ご挨拶|総合広域リハケアセンター

総合広域リハケアセンターについて

ごあいさつ

平成25年袖ケ浦さつき台病院回復期リハビリ病棟開設にともない、総合広域リハケアセンターは、前センター長の思いである「前向きな勢い」と、「人間的な優しさ」のコンセプトのもと様々な事業・活動を進めてまいりました。

平成29年4月からは、当院の一機能として、地域との連携を高めるための活動にも力を入れております。「入院中・退院後の生活で不安なことは何か?」「医療や福祉についてどんな情報が求められているのか?」など、患者様・ご家族・地域住民の方々の声を聴く機会を持ち、真のニーズを知り、当院として何ができるかを病院に提案していけるセンターでありたいと考えております。

高齢社会を迎え、国の医療・介護制度も変化していく中、患者様の「自立支援」「その人らしさ」を尊重しながら、いつまでも住み慣れた地域で暮らしていけるよう、地域に開かれたセンターとしてこれからも活動を続けてまいります。皆様からのご意見・ご提案を受け付けておりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

総合広域リハケアセンター 職員一同

総合広域リハケアセンターへの問い合わせ

(直通)0438-38-3088  (Fax)0438-62-1113