助成制度のご案内|相談窓口

助成制度のご案内

入院、治療や手術費など患者様やご家族の方の費用負担をできるだけ軽減するために、国や自治体による助成制度があります。
詳しくは相談受付窓口(第2受付)までご相談ください。

高額療養費制度

70歳未満の人が入院した時

各窓口で発行された「限度額適用認定証」を医療機関の支払い窓口で入院時に提示することにより、その限度額までの負担となる制度です。
医療費の自己負担限度額は所得区分に応じて異なるため、入院が決まったら速やかに「限度額適用認定証」を各種窓口へ申請する必要があります。

支給対象 医療機関で医療を受けた時に支払った保険適応にかかる医療費
※食事、差額室料、オムツなど保険適応外の費用は対象となりません
窓口 国民健康保険 市区町村の役所
政府管掌健康保険 社会保険事務所
組合管掌健康保険 所属保険組合

※発行された「限度額適用認定証」は病院受付窓口にご提示下さい

精神障害者医療費助成制度

精神障害の治療を受けている場合、一定の要件に当てはまる方を対象とし、市区町村が設定した条件に基き、医療費や食事療養費の助成をする制度です。

助成要件 市区町村ごとに異なる為、該当するかご確認下さい。
(制度を実施していない市区町村もあります。)
窓口 市区町村の役所

自立支援医療制度

通院により精神障害の医療を受ける場合、原則として医療費の自己負担が一割になる制度です。但し、疾病の程度や世帯の所得状況等に応じて、自己負担限度額が異なります。 主治医に相談の上、窓口へお問い合わせ下さい。

窓口 市区町村の役所