新入職員教育|身体リハビリテーション課

プリセプターとプリセプティー

新入職員教育

新入職員が入職早期から臨床業務に慣れることができるようなシステムを設けています。以下のように組織化しており、能力に合わせてよりよくより豊かな臨床業務ができるよう支援しています。

新入職者へのサポートシステム

  • 1. プリセプティー(新入職員)

    プリセプターからの説明を受けながら主体的に積極的に学んでいきます。

  • 2. プリセプター(2年目以降の職員)

    プリセプティと共に考えて、共に行動する、最も近しい相談相手です。

  • 3. アソシエーター(班長)

    プリセプターの相談を受けて、その人に合わせた教育ができるように共に考えます。

    教育の進行状況や人間関係などを把握、必要に応じて修正を行います。

    事業部で情報交換を行いながら、教育の進行状況の調整を行います。

  • 4. 事業部長・教育コーディネーター

    身体リハビリテーション課全体の教育についての責任者です。

    アソシエーターからの相談を受けながら、全体の教育の調整を行います。

新人教育概要・指導体制

  1. 新入職員が早朝から臨床業務に適応できるよう、サポートシステムを設けています。
  2. 卒後2年目以降の職員をプリセプターとし、新入職員(プリセプティ―)の業務内容をより効果的に行うことができるように教育を行います。
  3. プリセプターの相談者・指導者としてアソシエータ―(班長)を置いています。
    アソシエータ―は事業部全体の教育進行状況の管理や人間関係など、円滑に進むようにコーディネートします。
  4. 身体リハビリテーション課全体の教育進行状況の把握および指導者として、事業部長・教育コーディネーターを置いています。
  5. 上記のように組織化しており、個々人がよりよくより豊かな臨床ができるように支援しています。

プリセプターの役割

  • 話しやすい雰囲気を作ります。
  • 一緒に目標を立て、達成に向けて支援をします。
  • 自分の気持ちを言葉にできるように支援します。
  • 達成感や充実感を持てるような指導方法を工夫します。
  • 相手に理解しやすい説明を心がけます。
  • その人に合わせた業務量アップをします。
  • 文献、資料などは提供するだけでなく、一緒に検索します。
  • プリセプター同士連携を取り、情報を共有します。
  • 必要に応じて、アソシエーター、教育コーディネーターに助言を求めます。
  • 不安や不満に耳を傾けます。
  • 疲労や生活リズムの崩れに配慮します。